アートセラピーについて

*現在、アートセラピーは、カウンセリングセッション(50分)の中でご要望に沿ってご提供を行っております。
アートセラピーを活用した変容・覚醒ワークをご希望の際には、一度コンサルテーションをご検討くださいませ。
(コンサルテーション内で、ある程度のヒーリングを行い、準備を整えた上でお受けいただくことを推奨しています。)

 

私たちは、内に潜在しているエネルギー(感情や思考など)をあらためて、絵に描くことによって「気づき」を得ることがあります。

 

また、「気付く」というだけでなく、
このセラピーでは、
そこに「癒し」を起こしていくこと、
「変容」を促していくこと、
そして、自分が望む方向へ「創造」していくことを目的としています。

 

「描き出す」ことにより、エネルギーをまず解放していくことをまず第一の目的にしていますので、
絵の「上手/下手」に関して、
絵に関しての技術は全く必要ありません。

 

潜在無意識そのものが生み出す色、形、シンボル
その全てを、ご自身の「気付き」と「創造」へと促します。
絵ではないような絵でも、
色だけのものでも、それがその方にとっての必要なヒントが隠されているものなのだと思います。

【アートセラピーをお勧めしたい方】
・「言葉」として表現することが苦手な方
・ 「言葉にならない」ような感情や思考を抱えがちな方。
・ どうしても考えすぎてしまう、マインド優先になりがちな方。
・自分でも知らない自分自身の「本音」に触れてみたい方。
・はっきりと「理解する」ということを好んでいる方。

 

Healing Room Swanでご提供しているアートセラピーでは、
脳神経医学で証明されている「3歳までに脳(松果体)にインプットされた影響」を踏まえ、
ビジョンとして変容/創造していくことが可能な「海馬」に対してアプローチするものです。

 

「描く」・・・・ということを通して、
自分自身の潜在無意識に働きかけ、
《気づき》と《変容》をもたらします。

 

個人セッションでは、カウンセリングを行いながら個々の問題にフォーカスし、
エネルギー的なアプローチを行いながら、「潜在無意識」と繋がった上で「描く」(セラピー)を行っていただくものになります。
グループセッション/ワークショップでは、グループでの問題を予めチャネリングさせていただき、
その問題に対し、エネルギー的なアプローチを行いながら、セラピーを進めていきます。

*こちらでご提供している「アートセラピー」は、頭を使って描くことよりも、現在問題としていることに対してエネルギー的なアプローチを行いながら、アートとして表現していただき、エネルギーの「癒し」と「変容」を促していくものです。

 

【アートセラピー導入について】

「自由画法」という方法を主に用いたセラピーになります。

・ 限定されない自由な表現
・「今ここ」を生きる自分自身が感じること
・常に変容・成長をし続ける存在であること

 

【アートセラピーのテーマについて】
個人セッションでは、カウンセリングを行いながらセッションを進めていきますが、
以下のテーマよりご選択いただいた上でのお申し込みも可能となっています。お申込み時に「連絡事項」の欄にご希望のテーマのご入力をお願いします。

・覚醒/癒し/統合
・マインドブロック
・トラウマ/PTSD
・コンプレックス
・罪悪感
・バーストラウマ(体内記憶及び出生時のトラウマ)
・インナーチャイルドの癒し
・自己実現

*こちらのセッションをご希望の場合は、セッション当日「色鉛筆またはクレヨン(12色以上)」、「画用紙またはスケッチブック」を各自ご準備いただくようお願いしています。

*その他、アートセラピーに関するご質問は、お問い合わせフォームよりお気軽にお問い合わせください。